お風呂リフォームで二重窓施工

リフォームの予算が限られている場合に注目したいのが、低予算でも可能な結露予防の施工です。住まいの間取りの中でも、方位が北や北東や北西に位置しているお風呂は、湿度が高くて窓に結露が発生しやすい傾向があります。お風呂はリビングやキッチンと比べると狭い空間ですから、工夫次第で快適な環境に改善することができます。お風呂リフォームを検討する場合は、二重窓施工も考慮すると良いでしょう。

二重窓にすることで屋外と屋内の気温差と湿度差を緩和できるようになります。お風呂は湯気で温かくなる一方で、普段は暖房をしないので冬は寒くなりがちです。寒くなりがちな環境は、濡れたままにしていると乾燥しにくくなります。濡れたままでいる時間が長くなれば、カビの発生が心配です。

お風呂リフォームでは、経年劣化を修繕するだけでなく、衛生面を改善することも大切です。設備としては経年劣化をしていなくても、最新の設備に交換することで、湿度調整が行われやすくなることもあります。二重窓に施工すると、断熱効果が高まります。冬にお風呂の温度が高くなって、屋外の寒い空気との温度差で結露が発生しやすい状況になったとしても、ガラス窓とガラス窓との間の空間の空気層が適切に作用して、結露が発生しにくくなります。

極度な温度差で結露が発生してしまったとしても、結露の量が抑制できます。結露が発生する場所も、ガラス窓とガラス窓との間の空気層だけに限定することができます。結露の発生を抑制し、どうしても結露が発生せざるを得ない自然環境になってしまっても、結露の発生場所を限定的に調整できるのが、お風呂リフォームにおける二重窓施工です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *