お風呂リフォームをする時に知っておきたいこと

お風呂は生活する上でなくてはならないものですが、水回りの場所だけあって手入れ次第では劣化が激しくなります。もし、お風呂リフォームする場合に気になるのはその予算です。お風呂リフォームはどのくらいの予算が必要かご存知でしょうか。予算に関してはどのグレードのお風呂にするかによって変わってきますが、安いものであれば60万円台、高いものであれば200万円以上する物もあります(一般家庭に合うデザインの範囲内です)。

平均的には90万円ぐらいが相場になります。おしゃれなお風呂でも100万円以内でお風呂リフォームをすることができるのです。ただ、水回りの変更はお金がかかります。水回りの変更とは、今まであったお風呂の場所を別の場所に変更することです。

なぜ水回りの変更にお金がかかるかと言えば、給排水管の位置も変更しなければならないからです。特に排水管はナイーブな面があり、排水するためには排水管に排水勾配を付ける必要があります。お風呂場を動かす場合にはこの排水管を延長したり短くしたりしなければなりませんが、そのうえで適度な勾配を付けなくてはならないという面倒な作業があるのです。しかも、排水管は床の下を通っているため作業が難航します。

もし、リフォームする場所が分譲マンションの場合であれば、下階の天井の上を排水管が通っている場合には、下階の家に上がって天井を開けて工事しなければなりませんので、普通は水回りの移動が不可能になります。ただし、下階の家に行かずとも排水勾配を付けることができる場合もあり、その場合は水回りの移動は可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *