トイレづまりを一宮で予防対策しよう

使用頻度の高い設備ほど故障が頻発しやすい性質があります。トイレづまりが一宮で発生して改善しないのであれば、早急に水道会社を呼びましょう。無理に水を流すとあふれてくる可能性があるので、流したときに水位が上がるようなら自主対策は避けてください。専門の水道会社なら深部に発生しているつまりも迅速に解決できます。

トイレづまりを一宮で予防するには、トイレの使い方がポイントになります。トイレットペーパーの使用量は男性より女性のほうが多く、大量に流すことでつまるケースが少なくありません。ペーパーの使用を無理に節約する必要はありませんが、使用量が多くなるなら何度かにわけて流してみましょう。いつも1回で流すという方なら、2~3回にわけてみるのです。

トイレ自体を交換するのも、トイレづまりを一宮で防ぐために役立ちます。便器が古くなってくると流れが悪くなるので、最新設備に交換するのがおすすめです。近年のトイレは節水作用に優れているので、水道代を抑えることにもなります。冬場はトイレづまりが一宮で発生する事例が増えますが、これは水が冷たくなることが関係しています。

トイレットペーパーは水で溶けると言われていますが、正確には繊維がほぐれるのです。夏場は水が冷たくなりにくく、ペーパーを効率よくほぐすことができます。一方で冬場になるとほぐれにくいので、つまりが発生しやすいわけです。いずれにしても複数回にわけて流せば予防できる問題です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *