トイレづまりが一宮で起こったら

家に針金ハンガーがある場合、それを使って一宮のトイレづまりを解消することもできます。これは簡単にできる方法ですが、慎重に行う必要もあると知っておきましょう。これは針金ハンガーを排水口に中に入れ、つまりに穴を空けることで水が流れるようにするという方法です。針金ハンガーは固いものだと奥まで突っ込むことができないため、簡単に曲げられるようなものを使いましょう。

針金ハンガーの取っ手をペンチで切り、片側に輪っかを作ります。そして、輪っかを作った側を排水口に入れ、そのまま奥に突っ込んでいきます。これ以上奥に進まないという部分があればそこがつまりの原因です。つまりに当たったら針金ハンガーを小刻みに動かし、少しずつつまりを削っていきましょう。

つまりが削られることで少しずつ水が流れるようになっていきます。ある程度水が流れるようになった場合、バケツなどで水を流してみましょう。きちんと水が流れるようになったら問題ありません。注意点としては、針金が曲がらずに奥にいかない時は作業を中止するということです。

また、実践しても一宮のトイレづまりが直らない場合、業者に連絡することが大切です。自宅にある洗剤を使って一宮のトイレづまりを解消するという方法もあります。必要なものは食器用洗剤とお湯であり、熱湯ではなく40~60度のお湯を用意しておきます。また、洗剤については1種類だけを使うことが大切であり、複数の洗剤を混ぜると危険です。

まずは食器用洗剤を100cc程度便器の中に入れていきます。そして、お湯を便器の中に注ぎ、20分程度放置するだけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *