豊田のトイレづまりの原因

豊田のトイレづまりは排水路から下水に流れる直前の箇所で発生しやすいと言われています。この部分には水に溶けにくいものや水に溶けなかったものがつまってしまうことがあります。また、便器の奥にある排水路への通路にあたる箇所もつまりが発生しやすいと言われています。この部分はカーブが急になっており、重いものや大きなものはカーブをしっかりと曲がることができず、つまってしまうということです。

トイレがタンクから水を流すことにより、便器の中にある排泄物やトイレットペーパーを排水管に流すようになっています。しかし、水流が弱いと中のものを押し出すことができず、途中で引っかかってしまいます。水流の強さはレバーやボタンで選ぶことができます。しかし、固形物がある時に低い水流を選んでしまった場合、つまりの原因になってしまいます。

他にもタンク内にペットボトルなどを入れておくのは良くありません。正しい方法で使っていれば、豊田のトイレづまりが発生することはほとんどありません。しかし、一度にたくさんのものを流してしまった場合や水に溶けないものを落としてしまった場合、つまりが発生してしまうことがあります。つまりの元になってしまうものはいろいろありますが、ティッシュペーパーや紙おむつといったものが多いです。

トイレ用の掃除シートが豊田のトイレづまりの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。水に流せるものが多いですが、一度にたくさん流そうとするとつまりを引き起こすということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *