名古屋でトイレつまりに遭遇した場合には

名古屋に暮らしている人の中には、家のトイレがつまって困っているケースもあるはずです。

一口につまりといっても、その原因は多岐にわたります。最もメジャーなケースといえば、トイレットペーパーの過剰な使用でしょう。水溶性の紙類であっても一度に大量の使用で、排水口付近につまりを引き起こしやすくなります。名古屋の日常生活でこのようなケースに遭遇したら、まずは市販のラバーカップがおすすめ。軽度のつまりなら、素人の方でも比較的容易に解決できます。またおむつや生理用品といった非水溶性の紙類を流してしまい、トイレがつまるケースも目立ちます。

このケースでは、ラバーカップで無理やり押し流そうとすると、かえって症状が深刻化することにもなります。手で届く範囲であれば、ゴム手袋などをして直接取り除くことがベターです。類似するものとして、スマートフォンや筆記具あるいはイヤリングやネックレス等、固形物を原因としたケースでも同じことが言えます。水に溶けることはないので、無理に押し流そうとするのは禁物です。

もしつまりの原因が手で届かないような範囲にあるなら、排水管に数十メートルもあるようなワイヤーブラシや強力な洗浄ホース等が必要になります。またつまりや原因自体が判明しないなら、便器を丸ごと取り外して、しっかり調査することも求められます。いずれにしても素人の方では難しいのが現実。名古屋で信頼できる専門店へ速やかに依頼すべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *